不動産

  

変化する美容室

もともと日本では女性は日本髪、男性はちょんまげというスタイルが一般的でした。しかし時代の流れとともに断髪令が下りたり西洋文化の伝来によってヘアスタイルは今や個性を出すためのツールとなっています。 1970年代には黒髪が美しいと言われていましたが、1990年代になるとカラーリングをしたヘアスタイルが人気になります。カット技術も向上して、シャギーやレイヤーを入れた空気感のある無造作なヘアスタイルがブームとなってきます。この頃に「カリスマ美容師」や「カリスマ美容室」などの言葉が流行します。 2000年代に入ると薬剤が髪に優しいものに変化し髪を傷めずカラーリングを行えるようになり単色から複数の色を使ったヘアスタイルが出始めます。

近年、美容室を利用する男性がとても多くなっています。以前はひげ剃りや顔そりができる床屋や理容室が男性には人気でしたが最近ではカラーリングやトリートメントに特化している美容室を利用する若い男性が増えているようです。 美容室では、癖っ毛を活かしたヘアスタイルを提案してくれるなど自分の特徴を活かしたヘアスタイルができる点で評価されているようです。 最近では、美容師と理容師の両方が在籍している美容院も増えているので今後も男性が美容室を多く利用するようになれば、「美容」と「理容」の両方に対応できる店舗が今後さらに増えることも予想されます。 最近ではネット予約できる店舗が増えていますがポイントを連携してお得に利用できる店舗がますます増えていくことも予想されます。